<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『kite』

離しちゃダメだよ
そう、しっかり握っておいて

天高く舞い上がる透明のカイト
透けて見える向こうの空はどこまでも広くて

ぶんぶんぶらりと振り回されて
風を吸い込みどこまでも

繋がった糸を辿れば
そこにある小さな手、あたたかい


離しちゃダメだ
しっかりと握っておかないと

天高く舞い上がった透明のカイト
バランスを失った瞬間の空は上も下もわからなくて

ぐらりぐるぐる景色は回る
風に打たれてどこまでも

糸の先を辿っても
虚空を彷徨う持ち手、つめたい


落ちる
落ちるよ


ねぇ
あなたは泣いていた

ぐるぐる回りながら
もみくちゃになりながら
上昇するより三倍のスピードで落下しながら
あなたは泣いていたの

ねぇカイト
叩き付けられた地面の温度も
バラバラになった骨組みの痛みも
透明なあなたの向こうの景色も
知ることはできないの


どこにいるの、カイト
そんな目をしないで、カイト
もう空を飛べない
風を吸い込むことも
空を映すこともできないけれど


ねぇカイト
飛んでいけると思ったから
いつか話してくれた
雲の上の世界まで
いけると信じてたから

ねぇ
私も泣いていた
泣きながら
めちゃくちゃになりながら
落ちてくるあなたを見て私も
泣いていたの


ねぇkite

早くここにkite

みつけて、私を…

me to kite, what a sick of...
[PR]
by basketworm | 2010-11-30 02:54 | 『28のブラックホール』

『拳』

振り上げた拳
涙で前が見えなくなってしまって
結局
まっすぐに自らの太ももに打ち付けた

何度も
何度も
何度も
打ち付けた

太ももは元来の色を失い
赤く、次第に青くなり
その範囲は徐々に広がり
鋭かった痛みはいつしか重さを伴い始める

それでも何度も何度も何度も
太ももから全身に痛みが巡ってなお
打ち付ける

涙も枯れ
歩くことすらままならない
永遠に残るだろう痛みと傷跡


傷付けないようにと
自分を傷付けて
そんな姿を見るぐらいなら
殴られた方がマシだ

殴られる方がマシだったよ
[PR]
by basketworm | 2010-11-27 01:20 | 『28のブラックホール』

『パンドラボックス』

その箱に僕は静かに鍵をかける
中にはまだ、希望が残っているのを確認して
そしてもう二度と開くことのないように
僕は鍵を放り投げたんだ

ねぇあのとき
希望も一緒に取り出してたら
この箱は今でも幸せで満ちてたのかなぁ
[PR]
by basketworm | 2010-11-25 03:07 | 『28のブラックホール』

『フェリー』

あの島
風の強くて
小さな花がきれいだった
あの島へのフェリーが
無くなるんだって

じゃあ僕らこれから
どうやってあの島へ行けばいいんだろうね

どうやって並んで自転車漕いだらいいんだろうね
[PR]
by basketworm | 2010-11-16 19:02 | 『28のブラックホール』

『存在感』

写真の整理をしていた
ふと、ある写真に目が止まる

きらきらの青空
ふわふわの笑顔
その手前に、指の影

失敗作、なんだろう
きっと

でもなんだろう
捨てたくないんだ

僕の撮る写真に僕はいなくて
あるのは風景と笑顔で

その笑顔と一緒に写真にいれたってことが
なんだかうれしくて


写真に写り込んだ指のような
一番手前にあって
近すぎてぼやけてしまうような
失敗作だって
簡単に捨てられてしまうような

そんな、幸せの存在感
捨てられない、一枚の写真
[PR]
by basketworm | 2010-11-04 00:38 | 『28のブラックホール』

『シェオール』

シェオール

こんな世界にも花は咲く
たったそれだけでいい

僕は毎日、毎晩、毎朝話しかけ
水と肥料とキレイな空気を絶やさないようにした

地獄のような世界でも
君がいれば
君という花が咲けば
それだけでいいと

いつしかその花は
届かない
高嶺の花になりさがるのではないかと

僕は細心の注意をはらいながら
大げさにコトバを交わし続け

薄れゆく花弁の色に
気づかないフリをして見ていた
[PR]
by basketworm | 2010-11-01 21:08 | 『28のブラックホール』