カテゴリ:ココロノヒキダシ( 42 )

『三角座り』

あれからどれぐらい経ったろう
今ではもうあなたの笑顔しか思い出せない
思い出が時間のフィルターを通って
キラキラした笑顔ばかり浮かび上がらせるから
なんだろう、僕は
もう二度と来ることはない季節を
三角座りで待ってたりするんだ



11.6.20
[PR]
by basketworm | 2013-02-13 21:33 | ココロノヒキダシ

『えそら』

僕は空に絵を描くよ
この秋の、高い高い空に絵を描くよ
いつか流れる雲に覆われたとしてもそれでも
ぼんやりとは残るぐらいの筆圧で

あまりに青かった
あまりに遠かった
だから
あまりに眩しくて
向き合えなかった

僕は空似の絵を描くよ
この飽きの来ない空似の絵を描くよ
いつか終わるとわかっていてもそれでも
ぼんやりと笑えるぐらいの画力で

例えそれが絵空事であろうとも
踏み出さずにはいられない
生まれて初めて
はっきりと向き合ったから

僕は空に絵を描くよ
いつか二人で見上げて笑えますように


02.9.28
[PR]
by basketworm | 2012-09-28 05:12 | ココロノヒキダシ

『フェイク』

怖いからって
痛いからって
傷付くことから逃げてたら
おまえ、全部嘘じゃないか

傷付いて必死で掴んだ現実すらも
たった一言で嘘になる現状だ
おまえ、もっとしがみ付けよな

長くはない、遠くはないぜ?
僕らの the end
それならいっそ派手にいこうよ
夏だからさ

今からじゃ遅い
今夜じゃ間に合わない
そんなことは無いんだぜ?
いつでも待ってる、準備してる
おまえ、もっとしがみ付けよ

聞こえる音はすべてフラット
どこか遠くのチャペルの鐘
息するように嘘をはき
並べ立てた現実に狂う
なぁおまえ、もういいよ

12.7.31
[PR]
by basketworm | 2012-08-01 04:05 | ココロノヒキダシ

『健康サンダル』

あなたって、
健康サンダルみたいな人ね
たまに履くと気持ちいい
でも、でもね
ツボを押さえてないの
あなたは、少し
違う


10.12.23
[PR]
by basketworm | 2011-09-06 00:20 | ココロノヒキダシ

『話題』

1. 突拍子もなく話題を変える
2. 大きく息を吸って話題を変える
3. 徐々に自然に話題を変える


a. それは笑顔と共に
b. それは決意とともに
c. それは日常の中に



11.3.29
[PR]
by basketworm | 2011-09-05 00:36 | ココロノヒキダシ

『無題』

あせらなくていいよ
ゆっくりで、ね
たぶんきっと、いつまでもは続かない
だからその分、たのしまなきゃ


11.5.14
[PR]
by basketworm | 2011-09-04 00:13 | ココロノヒキダシ

『よくばり』

僕が何も言わないのは
言いたいことがないんじゃないし
何も思ってないからでもない
言うべき立場ではないし
その実力もないと思っているから
でももし
その立場に実力を伴ったとしても
僕はやっぱり何も言わないんだろう
よくばり、だからね


11.6.1
[PR]
by basketworm | 2011-09-02 00:36 | ココロノヒキダシ

『ネイキッド』

ねぇ、きっと
私には耐えられない
そんな剥き出しの悲しみを
あなたは知っているの

あなたの目、その奥深くには
すべてをモノクロに変えていくような
そんな剥き出しの悲しみがあるの

生まれる前から続いて
それは、これからも

ねぇ、きっと
私には耐えられない

あなたの笑顔には
そんな剥き出しの悲しみがあるの


11.5.27
[PR]
by basketworm | 2011-09-01 00:27 | ココロノヒキダシ

『waiting boy』

どうせ僕には似合わない
憧れてた生き方
背筋伸ばして太陽浴びて
何かいいことありそうだなって
前を見て

何が違うんだろう
どこから違ってたんだろう
わからない
わからないけど
手を伸ばせば届きそうな雲を見ている

曲がりくねったsunshine girl
君の声が聞きたくて
朝日を待てずに歩き出したんだ

夜の闇に浮かぶため息
月に照らされ力無く消える
誰かが自分を見てくれてるんだって
気休めもいいとこ

誰を待ってるんだろう
誰かが待ってくれてるのかな
わからない
わからないけど
すれ違う人を眺めてる

曲がりくねったsunshine girl
君のようになりたくて
朝日の前には逢いに行くよ

あぁだけど君は
全然素直じゃないし
ワガママでいじっぱりで
自分の世界が大事だから
朝日が昇る頃にはもう
表通りを歩いてる

曲がりくねったsunshine girl
輝く君を見たいから
夜の闇からじっと待ってる


お日さまが笑えばまた
僕も笑えるだろう


10.7.20
[PR]
by basketworm | 2010-07-23 02:19 | ココロノヒキダシ

『同じ世界、違う色』

その日は満月で
あまりにきれいな月で
一人で見るのはもったいないな
なんて思って
急いでメールして
いつものようにワンテンポ遅れて返信が来て
慌てて僕も外に出たけど
いつの間にか空は低い雲に覆われてて

苦笑いしながらそれでも空を見上げてた

ふと
雪が降りてきて
それはとても小さな小さな音をたてて
僕の足下までふらふらと降りてきて

それもいいかな
こんなんもありかな

僕はたぶん
僕だけじゃなくて
どっかにいる誰かの中にある僕もたぶん僕で

それでいいかな
って
なんだか純粋に思えてきて

きらきら光る雪の結晶をしばらく眺めてた

そこから月が見えますか
ここでは雪が降ってます


09.1.11
[PR]
by basketworm | 2009-01-14 22:17 | ココロノヒキダシ