『ハッピーソング』

「君と出会えてよかった
君は僕の人生で 一番の宝物
君のこと考えては 胸が熱くなり
君に会えない時間は 僕を強くする

桜咲くときは 一緒にお花見して 君の作った弁当食べて おいしい なんて言って
夜中二人で公園で花火して 線香花火でお互いの顔を照らして
紅葉の下で抱き合って 降りしきる銀杏の雨をかいくぐって歩いて
雪の中 キスをして 手をつないで温めあって

そんな季節を過ごして


いつしか二人は三人になって
いつかの公園で 懐かしいね なんて言ってはしゃいで


愛してる なんて正直すぎて恥ずかしくなって言えないから
好き ってお互い何十年も言い合って

離れても 近付いても
好きで 好きで 好きで


いつまでたっても くだらない話で盛り上がれるよな
君となら


うん
胸張って言えるよ

君と 出会えて よかった」











ていう、マイナーキーの曲を思い付いて、頭ん中でループしてる。


なんだか泣けてきた シングルルームのベッドの上。


深夜、四時半。
僕はひとり、なかなか眠りに付けないで何度も寝返りを打つ。



06.9.24
[PR]
by basketworm | 2006-09-24 04:32 | ココロ


<< 『オーキー』 『ある日、夢に見た虹』 >>