『丑』

口元まで出かけたコトバを
ゆっくり、ゆっくり時間をかけて噛み砕いて
もう一度胸の中へしまう

でも僕は忘れたくないから
何度でも何度でも思い出しては
噛み砕き
またそっと胸の中へ

僕を穏やかだと思ってるヒトが多い
だけど違うんだ
このツノは相手の喉元をえぐるためにあるし
ひと思いに蹴り飛ばせる力もある

でもね、僕がこうして飲み込まずに
力に任せて暴れ出したら
簡単すぎて
おもしろくないじゃない

穏やかだって思わせといた方が
いざというとき役に立つんだよ
実はね



10.3.8
[PR]
by basketworm | 2010-03-08 14:58 | 『干支』


<< 『寅』 『子』 >>