『子』

僕だってあの、でっかい耳のあいつみたいに
みんなに愛されて
笑顔で手を振られるような
そんな風になりたいのに

何が違うの

僕はみんなの前に姿を現しちゃいけない
僕を見るとみんな、すごい声上げて逃げるし
泣き出してしまう人もいる
笑顔が見たいのに

何が違うの

僕はね
寂しいんだ
隠れて見てたTVショー
あのでっかい耳のあいつは今日も
笑顔に囲まれてる
あぁ、いいなぁ、って
少し、油断してたんだ

いつもは気をつけてる
ちゃんとね
みんなが寝たのを確認してから
天井を歩くし
ご飯も食べる
みんなを恐がらせないように
気をつけてる
少し、油断してたんだ

何が違うの
僕だってたくさんの
みんなの笑顔が見たい

そんな事を考えてたら
涙が出てきた
あぁ、何だろうこの
べたべたした床は
昨日までこんな床じゃなかったのに
動けない

TVショーが終わってしばらくして
電気が消えた
いつもならやっと僕は動き出す時間なのに
少し、油断してたんだ
よくわからないべたべたの上で僕は
ため息を一つ

もしこのまま
動けないまま死んでしまって
生まれ変われるような事があればその時は
どうか神様、一度でいいから
みんなの笑顔を僕に見せて

あぁ、夜は長いなぁ


10.3.7
[PR]
by basketworm | 2010-03-07 22:24 | 『干支』


<< 『丑』 『足し算引き算』 >>